精度良すぎ!な赤ちゃんの背中スイッチを発動させないためには?対策をご紹介

抱っこをして必死にあやして、やっと寝てくれたからそっとベビー布団の上に置こうとしたら、赤ちゃんが目覚めてまたやり直し…。こんな経験をしたことがあるパパは多いはず。赤ちゃんの背中には非常に精度の良いスイッチのようなものでもあるのでしょうか?
この背中スイッチを発動させずにすやすやと布団の上で眠ってもらうにはどのような対策が有効なのか、ご紹介したいと思います。

なぜ布団に寝かせると泣いてしまうの?

そもそも抱いているときは落ち着いているのに、なぜ布団に寝かせた瞬間泣いてしまうのか、不思議ですよね。ここには赤ちゃんの姿勢が関係しているようです。
赤ちゃんはママのお腹の中にいるとき、体を丸めた状態でいます。もちろん手足を大きく伸ばすときもありますが、基本的にはアルファベットの「C」を描くように背中を丸めています。そのため、お腹から出てきた後もCカーブを描いている状態が一番落ち着くのであって、ベビー布団のように平らな場所に寝かせようとすると落ち着かず、パッと目を覚ましてしまうわけです。

背中スイッチを発動させないためにいろいろ試してみよう!

ではどうすれば良いのか、有効とされている対策をいくつかご紹介しますので、参考にしてみてください。

布団にカーブをつけてみる

布団に寝ているときも背中が伸びることなく、緩やかなCカーブを描けるように、ベビー布団に少し工夫をしてみましょう。
タオルや座布団などを使って頭と足の部分の高さをちょっとだけ高くしてみたり、バスタオルをクルクル巻いて棒状にし、円を作ってその中に赤ちゃんを入れてみたりする方法もあります。

おくるみに包んでみる

背中のCカーブだけでなく、手は「W」、足は「M」になっているとより安心できるとされているので、その姿勢を保ったまま、おくるみもしくはタオルケットで包んで寝かしつけ、くるんだ状態のまま布団におろしてみましょう。眠りについてくれたら、おくるみは緩めても大丈夫です。

授乳クッションを使ってみる

授乳クッションはママの授乳時の負担を軽減してくれる三日月型やU字型のクッションのことです。実は授乳のときだけでなく、寝かしつけるときにも活用している方がいます。授乳クッションの上で寝かせたあと、クッションごと布団におろすと、背中スイッチが発動しないことがあるようです。

布団を温めてみる

パパやママの温かい腕の中から急にひんやりとした布団に移されてしまうことも背中スイッチが発動する要因とされているので、湯たんぽなどで赤ちゃんの布団をほんのりと温めてから移動させてみましょう。

下ろし方を工夫してみる

赤ちゃんを布団に下ろす際、お尻の方からおろして最後に頭、という方が多いのではないでしょうか?しかし、お尻や腰あたりが先に布団についてしまうと、赤ちゃんは姿勢の変化に気づきやすくなってしまうので、まず頭から下ろし、次に背中、最後にお尻とした方が背中スイッチが発動しにくいようです。

眠ってからもしばらく抱っこしてみる

赤ちゃんが腕の中で寝てくれてから、みなさんはどのくらいで布団に移動させていますか?やっと寝てくれた…という安堵感から、わりとすぐに布団に下ろそうとする方も多いと思いますが、寝たばっかりのときはまだまだ睡眠が浅いので、ちょっとした衝撃でもすぐに目が覚めてしまいます。そこで、赤ちゃんが深い眠りにつくまでの間、しばらく抱っこしてみるというのも一つの手です。
赤ちゃんは大人と違ってレム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)をかなり短いサイクルで繰り返しています。そのため、寝ついてから15分~20分くらい経つと深い眠りへと切り替わってくるので、そのタイミングを待ちましょう。

この方法は体力のあるパパだからこそできる方法と言えます。赤ちゃんは生後3か月くらいで5kgのお米と同じくらいの重さになります。そんな赤ちゃんを15分~20分抱っこしたままというのは、女性にとっては結構な重労働です。力のあるパパこそ試してみる価値ありです!

背中スイッチは突然オフになる

赤ちゃんを抱っこしながら寝かしつける→布団に移動させると泣く→また一から寝かしつける…これを繰り返しているとなかなか精神的にもくるものがありますが、背中スイッチは成長とともに、必ずオフになるときがやってきます。とはいえ、生後半年でオフになる子もいれば、1歳を超えてもオフにならない子もいるなどかなり個人差はありますので、特に新米パパは焦らず、今回紹介したようなさまざまな方法を試してみましょう。