赤ちゃんを迎える前に!パパがしておくべき出産準備

初めての出産となると、どんな準備をしておけば良いのかわかりませんよね。特にパパの場合は具体的に何が必要になるのか、何をしておくべきなのか迷う方も多いと思います。
ここではパパがしておくべき出産準備についてご紹介します。

赤ちゃんが生まれるとどんなものが必要になる?

ネットで「出産 準備」と検索してみると、さまざまなサイトで必要なものがリスト化されています。かなり細かく書かれているサイトもあるので「え、こんなにいっぱいそろえるの?」と驚いてしまうパパも多いと思います。ただ、実際に必要になってくるものというのは、人によって違うものです。一式そろえたはいいけど結局使わなかった…となると、ちょっともったいないような気もしますよね。
ここでは最低限必要なものに絞ってどんなものを準備したらよいのかご紹介したいと思います。

ベビーウェア

赤ちゃんが身に着けるベビーウェアには大きく肌着類と洋服類があります。肌着は丈が短いものと長いものがありますが、おむつ替えしやすいのは丈が短いものです。そのため、最初のうちは短肌着と肌着の上に着せるコンビ肌着が複数枚用意されていれば問題ありません。

おむつ関連グッズ

必須となるのがおむつ関連グッズです。新生児は排泄回数が多いので、紙おむつは十分な量を用意しておきましょう。加えて、おむつ替えのときに必要になるお尻ふきやおむつ替えシート、ニオイ取り袋も準備しておくことをおすすめします。

お風呂関連グッズ

無事退院して、ママと一緒にわが子が家に帰ってきたら、家で沐浴を行うことになるので、ベビーバスもあらかじめ準備しておきましょう。湯温計は準備しても良いですが、給湯温度が設定できるご家庭であれば、なくても大丈夫です。

授乳関連グッズ

完全母乳で育てる場合であっても、哺乳瓶はやはり準備しておきたいところです。最初から母乳がしっかり出るかもわからないですし、搾乳したものをパパが哺乳瓶で与えることもあると思うので、哺乳瓶は準備しましょう。合わせて哺乳瓶消毒用品も用意しておくと安心です。

寝具

寝具は、布団で寝るのかベッドで寝るのかで準備するものがやや変わってきます。ベビーベッドで寝かせることを考えている場合は、ベビーベッドと専用マットが必要です。布団で寝かせるのであれば、ベビー布団が必要になります。ただし、ベビー布団は買っていない方も多くいます。すぐに大きくなってはみ出してしまうことから、大人用の布団で代用している人もいます。中には掛布団をあまり使わないことからベビー用の敷布団だけを購入し、上にかけるものはバスタオルやブランケットで代用したという方もいます。

手続き系の準備も進めておこう!

ママは出産が終わってからも入院が必要ですし、家に戻ってきてからもボロボロの体で子育てを行わなくてはいけません。そのため、手続き系はパパが行うのがベストです!子どもが生まれたらどんな手続きが必要なのか、必ず調べておきましょう。
出産後に必要になる手続きとしては以下のようなものがあります。

  • 出生届(出生日含めて14日以内)
  • 乳幼児医療費助成(1か月健診まで)
  • 児童手当(出生してから15日以内)
  • 赤ちゃんの健康保険(1か月健診まで)
  • 出産一時金(出産した翌日から2年)

この他にも、ママが会社員として働いている場合には、出産手当金や育児休業給付金などの手続きも必要になります。

パパならではの準備って何がある?

家事スキルを上げておく!

子どもが生まれたら、家事はできれば夫婦で分担したいもの。子育ても家のこともすべてママに任せきりでは、ママは疲れ切ってしまいます。子どもが生まれてから家事を手伝うようにすればいい、ではなく、子どもが生まれる前から家事に少しずつ参加してみましょう。ママの入院中に一通りの家事がこなせるようになっていると素晴らしいですね!

両親学級に参加しておく!

ママは自分のお腹でわが子を育てているわけですから、日に日に変化する自分の体型や胎動を感じることで着実にママになる準備をしていきます。一方、パパは体に何か変化が起きるわけではないので、子どもが生まれるまでパパになるという実感が持てない方が多いです。そういった意識の差をなくすためにも、積極的に両親学級に参加して、パパになる準備をゆっくり始めていきましょう。

パパも出産準備を積極的に

出産準備と聞くとママが行うようなイメージを持っている方も多いかもしれませんが、パパにも準備しておいてほしいことがたくさんあります!子どもが生まれることで必要になるものの準備はもちろんですが、産後の手続き系の準備やママがいなくても家事をできるようにしておいたり、両親学級に参加して気持ちの面でも準備したりしておきましょう。