赤ちゃんの歯磨きはいつから?具体的なやり方やポイントなどもご紹介

赤ちゃんの口の中に、小さな歯が生えているのを発見すると、「あ、ついに歯が…!」となんだか感動してしまいませんか?小さいうちから大切に守っていかなければいけないわけですが、赤ちゃんは大人のように自分で歯を磨くことはできません。そのため、パパやママがしっかり磨いてあげましょう!でも、そもそも歯磨きってどのタイミングで始めるか、どうやってやればいいのか知っていますか?

乳歯が生えたら歯磨きスタート!

赤ちゃんの歯磨きがいつから始まるのか、それは乳歯が1本生える頃です。個人差はありますが、生後6か月くらいで下の前歯が生え始めるので、ここから歯磨きスタートとなります。

最初はガーゼで歯磨き

赤ちゃんの歯磨きは、いきなり歯ブラシを使うのではなく、ガーゼを使って行います。
手順としては、まず綿100%のガーゼを小さく切って、ぬるま湯で湿らせます。湿らせたガーゼを指に巻いて、歯の表と裏を拭いてあげましょう。歯磨き粉みたいなものも必要なのでは?と思うかもしれませんが、この段階ではまだ用意しなくても大丈夫です。赤ちゃんは唾液の量が多く、自浄作用も高いので、歯磨き粉がなくても拭いてあげるだけで十分きれいになるのです。

回数としては、1日5~6回を目安に行いましょう。生後6か月くらいになると離乳食も始まってくるので、授乳後・離乳食後そして寝る前にもガーゼによる歯磨きをしてあげましょう。

日頃からスキンシップを取っておくとスムーズに!

歯も生え始めたし、ガーゼでの歯磨きを始めよう!と思っても赤ちゃんが嫌がってなかなか進まないことがあります。赤ちゃんの口は敏感で、ママのおっぱいやミルクが中心となっている時期は、乳首や哺乳瓶以外のものを受け付けてくれない子も多いのです。そこで、歯が生え始める前から、口の周りや口の中に触られることに慣れさせておきましょう。
日頃からスキンシップの延長でやさしく口周りを触ってあげると、怖さもなくなるので、歯磨きを開始するときもスムーズですよ。

歯ブラシに切り替えるタイミングとやり方

1歳になるくらいには、上の前歯、下の前歯が4本ずつ生えてきます。このころになると、食べる量も増えてきて、歯に食べ物が挟まりやすくなってくるので、ガーゼで優しく拭くだけではきれいにできないこともあります。そうなったら、赤ちゃん用の歯ブラシに切り替えましょう。

赤ちゃん用歯ブラシに移行したら、以下のポイントを意識して歯磨きを行ってください。

ポイント1:赤ちゃんの頭を固定する

パパの膝の上に赤ちゃんの頭が来るように寝かせた状態で歯磨きを行います。このとき、いきなり動いたりしないように、必ず頭を固定することを忘れないでください。

ポイント2:ペンを持つように歯ブラシを持つ

ぎゅっと歯ブラシを握ると、パパの場合特に力が入りすぎてしまうこともあるので、ペンを持つようにして余計な力が入らないようにしてください。赤ちゃんの歯を磨く前に、自分の手の甲などにあててみて、力加減を確認してみても良いでしょう。

ポイント3:指で唇や歯茎をガード

赤ちゃんの繊細な唇や歯茎を傷つけないために、パパが指でガードしてあげましょう。

ポイント4:優しく小刻みに

赤ちゃんの歯はとても小さいので、歯ブラシの先端部分を使い、小刻みに震わせるように動かします。歯の表側だけでなく裏側も忘れずに磨いてくださいね。

歯ブラシは2本用意しておくべし

「歯ブラシ2本て、1本はストックってこと…?」

いえいえ、1本は赤ちゃんが自分で持つ用、もう1本はパパが仕上げをする用です。赤ちゃんに歯ブラシを持たせると、興味深そうに見つめたり、口の中に入れたりします。こうすることで歯ブラシに対して抵抗感をなくしてもらう目的があります。ただ、しゃぶったり、カミカミするだけでは汚れは落とせませんから、もう1本の歯ブラシでパパがきれいにしてあげるのです。赤ちゃんに持たせる用の歯ブラシは、誤って口の奥まで入れてしまわないように、工夫されているものを選びましょう。

赤ちゃんの歯磨きで大切なこと

歯磨きしようとしても、泣いたり暴れたりして全然磨かせてくれない…というときは、無理に行うのではなく、出直しましょう。虫歯にさせないためにも歯を磨かなきゃ、意地になってしまうと、赤ちゃんはますます歯磨きに対して嫌な印象も持ってしまい、悪循環です。歯を磨かせてくれるのなんて今のうちだから、と楽しむくらいの心持で歯磨きしてあげたいですね。

また、歯磨きが終わったら「よくできたね」「えらかったね」など笑顔でほめてあげることも忘れないようにしましょう。ぜひ歯磨きを楽しいコミュニケーションの時間にしてあげてください。