厄介な赤ちゃんのおむつかぶれ!どう対処したらいい?

おむつ替えをしているときに足を持ち上げて、いつものようにおしりふきで拭いてあげたらなぜか痛がっているような素振りをしている、なんて経験はありませんか?お尻をよくよく見てみると、ちょっと赤くなっていたり…。
それはもしかしたらオムツかぶれかもしれません!

おむつかぶれってどんな症状?

おむつかぶれになると、おむつが触れている部分が赤くなったり、ポツポツと湿疹のようなものが出たりします。早めに対処しないと症状が悪化してしまい、お尻がただれて出血することもあります。

おむつかぶれはほとんどの赤ちゃんが経験するといっても過言ではありません。かゆみや痛みを伴うので、一刻も早く解消してあげたいですが、なかなか治りにくかったり、すぐに再発してしまったりするので、頭を悩ませているママやパパは多いのです。

見逃さないで!おむつかぶれのサインかも

以下のような異変が見られたら、おむつかぶれの疑いがあります。
いつもと同じお尻ふきを使っているはずなのに、お尻を拭くと痛がって泣く
お風呂のときにお尻にお湯がかかると泣く
* おむつを外したときにお尻を気にするように触ろうとする

厄介なおむつかぶれを引き起こす原因

原因1おしっこやうんち

赤ちゃんのおしっこは一見するとただの水のようですが、大人と同じく老廃物をたくさん含んでいるので、肌についたままになると刺激になってしまいます。さらに、おしっこは時間が経過するとアルカリ性に傾いてしまい、より肌への負担が大きくなってしまうのです。

うんちの中にも大腸菌や酵素など刺激物がたくさん含まれています。特に下痢をしたときのゆるいうんちは刺激になりやすいです。

原因2汗やムレ

熱い時期やたくさん動いたときは汗をかきやすくなるので、おむつの中の湿度が上がってしまい、皮膚がふやけてしまいます。こうなると、皮膚を守ってくれるバリア機能が低下してしまうので、おむつかぶれになりやすくなってしまうのです。汗以外にも、お風呂あがりやお尻ふきで拭いた後によく乾かさずにおむつをはいてしまうこともムレにつながりますよ。

原因3摩擦刺激

うんちがついてしまったときは念入りにお尻を拭いてしまいがちですが、あまりゴシゴシ拭いてしまうと、その摩擦刺激もおむつかぶれを誘発してしまいます。特にパパは力加減に注意したいですね。

原因4おむつ

今ではいろいろなメーカーがおむつを販売していますが、触り心地を確かめてみるとかなりの違いがあることに気づきます。使うおむつによっては赤ちゃんの肌に合わないこともあり、おむつ自体が刺激となってかぶれてしまうことがあります。

パパも知っておこう!おむつかぶれの対処法

おむつはこまめに交換する

一番はこまめにおむつを替えることです。よく赤ちゃんのお尻のニオイをおむつごしにかいで、排泄したかどうか確かめている姿を見ますが、新生児の場合はうんちもおしっこもニオイが強くないので、おむつごしではわかりにくいです。そのため、おむつの中を確認して、少しでもぬれたり、汚れたりしている場合は新しいおむつに替えてあげてください。

お尻シャワーを活用してみる

おむつ替えのときはお尻ふきでお尻をきれいにしてあげる方がほとんどだと思いますが、お尻シャワーを使っておむつの上でお尻をささっと洗ってあげると摩擦刺激がないばかりか、拭き残しもなくなるので、お尻がとってもきれいになります。

お尻をしっかり乾かす

お風呂あがりなどお尻が湿っているときは、うちわなどを使ってしっかり乾燥させた上でおむつをはかせるようにしましょう。

おむつを変えてみる

おむつは消耗品なので、コストパフォーマンスの良いものを選んで買う方が多いと思いますが、もしかしたらおむつがあっていない可能性もあるので、思い切って他のメーカーのものに変えてみましょう。
洗濯するという手間はありますが、通気性や肌触りのよい布おむつにしてみるというのも一つの手です。

ケアしているのに治らない!これって病気?

おむつもこまめに取り替えて、お尻も清潔に保っているはずなのに、全然おむつかぶれが改善しない…となると、おむつかぶれではなくカンジタ皮膚炎の可能性があります。おむつかぶれの場合はおむつが触れている部分が炎症を起こしますが、カンジタ皮膚炎の場合はおむつが触れていない部分にも炎症が起きるという特徴があります。カンジタ皮膚炎の場合はおむつかぶれと治療法が異なるので、症状が長引くな…と感じたら近くの病院に相談してみてください。