苦戦するパパが多い赤ちゃんのげっぷ コツやポイントはあるの?

赤ちゃんにミルクや母乳を飲ませた後はげっぷをさせなければならない、というのは、知識として知っているパパも多いと思います。しかし、いざ実際にやってみるとなると、首の座っていないふにゃふにゃのわが子のどのあたりをどう叩いたらよいのか、結構難しいですよね。
そこでこの記事では、赤ちゃんのげっぷをサポートするためのコツやポイントなどをご紹介します。

げっぷをさせないとどうなるの?

赤ちゃんはミルクや母乳を飲むときに、空気も一緒に飲み込んでいます。しかし、その飲み込んだ空気をまだ自分で外に出すことはできません。胃の中にたまった空気をそのままにしてしまうと、ちょっとした刺激で空気が外に出るのと一緒に飲んだミルクや母乳も吐き出してしまうのです。吐き戻しをせず、しっかり栄養を吸収してもらうためにも、げっぷをさせることは非常に大切なのです。
また、おなかに空気がたまったままの状態だと赤ちゃんが苦しい思いをしてしまうので、不快感を取り除く意味でもげっぷはしっかりさせましょう。

げっぷの出し方

げっぷの出し方には、主に縦抱きで出させる方法と膝の上に座らせて出させる方法の2種類があります。

縦抱きで出させる場合

赤ちゃんを縦抱きにして、パパの肩に赤ちゃんの胸あたりが乗るようにします。このとき、赤ちゃんがげっぷと一緒にミルクや母乳を少し吐き出してしまうことがあるので、タオルなどを肩にかけておくと安心ですよ。
準備が整ったら、お尻と首を支えつつ、胃にたまった空気を押し上げるようなイメージで、赤ちゃんの背中を“下から上に”さすります。叩いても良いですが、強すぎると緊張して出にくくなることもあるので、力加減に注意してくださいね。

膝の上に座らせて出させる場合

パパはイスやソファーに座り、赤ちゃんを自分の膝の上に横向きで座らせます(右向き、左向きどちらでもOKです)。沐浴で赤ちゃんの背中を洗うように片方の手を赤ちゃんのわきに入れ、上半身を支えます。背中をさするときは縦抱きのときと同じく、下から上を意識して背中をさすってあげてください。

げっぷを出させるポイントとしては、赤ちゃんの胸あたりを適度に圧迫して、下から上にさするということです。

げっぷが出ないときはどうするべき?

縦抱きでも膝の上に座らせてもげっぷが一向に出ない…となると、パパは焦ってしまいますよね。かといって、20分も30分も背中をさすり続けるのはさすがに大変です。3~5分くらい挑戦してみてもげっぷが出ない場合は、サポートをいったん切り上げましょう。げっぷの出やすさには個人差がありますし、たとえげっぷで胃の中の空気が出せなかったとしても、おならで排出することが可能なので、そこまで神経質になる必要はありません。

ただ注意点として、げっぷが出なかった場合は、寝かせるときの姿勢を仰向けではなく横向きにしておきましょう。こうすることで吐いたものがのどや気管に詰まることを防ぐことができます。万が一吐いてしまっても大丈夫なように、あらかじめタオルなどを敷いておくのがおすすめです。
横向きに寝かせていると、体を動かした反動でうつぶせになってしまうこともあるので、赤ちゃんからあまり目を離さないよう注意しましょう。

サポートはいつまで必要?

生後5~6か月くらいになると、上手に母乳やミルクを飲むことができるようになるので、胃の中に入る空気の量も少なくなってきます。さらに飲み込んだ空気も寝返りなど自分で体を動かした際に自然に出せるようになってくるので、この時期くらいからサポートは必要なくなってきます。

まとめ

生まれたばかりの頃は1日に10回以上も授乳を行うので、そのたびにげっぷさせるのはなかなか大変ではありますが、げっぷが出なくても赤ちゃんの体調に大きな変化がないのであればそこまで心配する必要はないので、焦らずサポートしてあげてください。