【パパ向け】育児で疲れたママのケア方法

可愛い子どもが産まれるとママ・パパはとっても幸せな気持ちになるものですが、育児に追われる毎日を過ごすと次第に疲れがたまっていくものです。
酷い場合には、育児ノイローゼになってしまうことも…。

愛する家族が笑顔で過ごせるためにも、育児中はパパがしっかりママを支えてあげなくてはいけません。
今回は、育児に疲れたママに対する接し方をご紹介していきます。

ママが育児で疲れる原因

肉体的な疲れ

子どもが小さいうちは、育児は24時間体制となり、肉体的な疲れが溜まっていきます。授乳やおむつ替え、子どもと遊ぶなど育児のほか、家事もしなくてはいけません。
子どもの世話や家事で休む暇がないと、なかなか疲れがとれないでしょう。

睡眠不足

ママは赤ちゃんが夜泣きをする度にあやさなくてはいけませんし、生後間もなくは夜中の授乳も必要となります。
やっと赤ちゃんが寝ついたと思っても、すぐにぐずりだすことがあるためママは十分な睡眠時間を確保することができません。
日中に赤ちゃんのお世話をして疲れているのに夜中も夜泣きや授乳で起こされると、ママがゆっくり休むことは難しいでしょう。
慢性的な睡眠不足は自律神経が乱れる原因になり、肉体的、精神的にも疲れ果ててしまいます。

一人の時間がない

子どもが小さいうちは、何か飲み込んでしまったり寝返りでうつ伏せになってしまったりするかもしれないため、常に子どもを見ていなければなりません。
小さな子どもは何をするか分からないため、ママは目を離して自分の時間をゆっくり過ごすことができないのです。

育児中のママはリフレッシュする時間がとりにくいので、精神的な疲れが溜まっていくこととなります。

旦那が非協力的

旦那が育児に協力的ではない場合、ママは精神的な疲労を感じることが多いようです。
2人の子どもなのに育児はママ任せ…そうなっては怒りを通り越して悲しくなってしまうママもいます。

育児に参加せず一人の時間を楽しむパパを見ていると、余計に育児疲れを感じてしまうものです。

ママの育児疲れをケアする方法って?

ママの話を聞いてあげる

子育ては上手くいかないこともあり、ママは不安やストレスを抱えたり、時には自己嫌悪に陥ってしまうこともあります。

そんなママが元気になるためには、パパがママの話をよく聞いてあげることが大切です。
育児に関する悩みや不安などを一人で抱えていると疲れてしまいますが、不思議なことに人に話すことで気が楽になることもあります。

あまりママと話す時間がとれていないと思うパパは、ぜひママと話す機会を増やしてみてください。

パパも育児を

各ご家庭の考え方にもよりますが、ママの育児疲れが見え始めたらパパは積極的に育児に携わるべきでしょう。
育児に参加することで「育児はこんなに大変なんだ」と実感することができ、ママへも優しく接するようになるはずです。

ミルクや離乳食の作り方、おむつ交換の仕方など、分からないことは多いかもしれませんが、分からないことはママに教えてもらいながら育児に参加しましょう。
パパが育児に積極的な姿勢でいると、ママの精神的な疲れも緩和できます。

育児を依頼する

毎日育児や家事をしていると自分の時間がとれずリフレッシュできなかったり、社会的な疎外感を感じてしまったりします。

パパが育児をしてママが一人で出かけられる日を設けるといった事が難しい場合、第三者に育児を依頼することも一つの手です。

両親が近くに住んでいるのであれば子どもを見てもらっても良いですし、自治体や民間の子育てサービスを利用しても良いでしょう。

第三者に我が子を任せることには否定的な意見もありますが、家族みんなが笑顔で過ごすためには有効な方法とも言えます。

時間単位で子育てを依頼できるものもありますので、サービス利用が不安な方は短時間から依頼することをお勧めします。

ママが安心して過ごせる時間を作ろう

今回は育児で疲れたママに対する接し方をご紹介しました。
疲れたママに対しては、「ママが安心して過ごせる時間を確保してあげること」が大切です。
そのためにはパパが育児に参加したりして、子どもだけでなくママに寄り添うことが大切です。

育児に関してお困りのことはママや周りの育児経験者に聞きながら、少しずつやり方を覚えていきましょう。当サイトpapanimoでも、パパ向けの育児情報を掲載していますのでぜひ参考にしてくださいね。